「NO SMOKING」特別先行上映記念:写真家・野上眞宏氏トークイベント決定!

ラヂオもりおか音楽映画祭
「NO SMOKING」特別先行上映記念写真家・野上眞宏氏トークイベント決定!

『はっぴいえんど』の前身ヴァレンタイン・ブルー名義でのステージから撮影を重ね、最初のアルバム『はっぴいえんど』のレコーディング風景や、2枚目のアルバム『風街ろまん』ジャケット用写真をはじめ、ライヴ写真、プライベート・ショットなど、1972年のグループ解散までに数多くの作品を残している写真家・野上眞宏氏のトークイベントが決定いたしました。細野晴臣ファン垂涎の裏話も飛び出るかも!?映画「NO SMOKING」と共にお楽しみください!

【日時】11/17(日)11:45の回(上映終了後)

【登壇者(予定・敬称略)】 野上眞宏

≪プロフィール≫

1947年東京生まれ。1970年立教大学社会学部卒業。撮影スタジオ勤務を経て、1971年に写真家・鋤田正義に師事、翌年よりフリーの写真家として独立。1974年27歳で渡米。ロサンジェルス、ヴァージニアを経て、1975年からワシントンDC、1978年からニューヨーク在住。1985年から1994年までグリニッジヴィレッジで写真ラボを経営。1994年に帰国するも2000年に再びニューヨークに戻り合わせて30年以上をアメリカで過ごす。2015年より東京在住。主な著作に『New York – Holly City』(1997)、『SNAPSHOT DIARY: Tokyo 1968-1973』(2002)、『Shibuya 1999』(2016)。2014年には、iPADアプリ写真集『Mike Nogami’s Snapshot Diary』を刊行。映画「NO SMOKING」では、写真提供をしている。

オフィシャルサイト:http://www.mikenogami.com/

≪写真集『BLUE: Tokyo 1968-1972』内容紹介より≫

立教大学で同級の細野晴臣と遊び仲間だった野上眞宏は、細野との交流を通して、「はっぴいえんど」をはじめ、その後の日本のミュージックシーンを牽引することになるミュージシャンたちのレコーデングやライブ、楽屋での様子などを、プライベートに撮影した。野上がそこに居合わせ、しばしば撮影していたことで、当時まださほど注目を集めていなかった彼らの、極めて貴重なドキュメントが残されることになった。

はっぴいえんどのファンでもあるシカゴ大学のマイケル・ボーダッシュは、「この写真集に収められたイメージの静謐さに私は心を打たれた」と本書序文で綴っている。

 

 

【料金】通常料金

※トークイベントは、予告なく変更・中止する場合がございます。予めご了承ください。

※各種招待券不可

【劇場】フォーラム盛岡

【チケット発売】

■オンラインチケット:11/14(木)22:00

■劇場窓口販売: 11/15(金)劇場オープン時より

<注意事項>

※イベント内容は、予告なく変更・中止する場合がございます。予めご了承ください。

※特別興行につき、各種招待券でのご鑑賞は頂けません。

※先着販売となりますため、規定枚数に達し次第販売を終了させて頂きます。

※映画鑑賞の妨げになりますので、上映途中での入退場はご遠慮ください。

※全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。

※転売・転用目的の購入は固くお断り致します。

※場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。

※お電話でのご予約は承っておりません。

※いかなる事情が生じましても、ご購入後の座席変更、キャンセル、払い戻しは承っておりません。